045-910-6222
〒224-0003 神奈川県横浜市都筑区 中川中央1-28-20CKビル2階
QRコード

バーコードを対応している携帯で読み取ると、携帯版のホームページも接続できます。

院長コラム
HOME»  院長コラム»  患者さんからの教え、パート1

患者さんからの教え、パート1

患者さんからの教え、パート1

教科書や授業。あるいは勉強会でも教えてくれないことを時として患者さんが教えてくれることがあります。
そうした患者さんからの教え(経験は)は「百聞は一見にしかず」以上の尊さががあります。

先日患者さんから「Tさんお亡くなりになったようですね。。Tさん先生に見つけてもらったと喜んでいらしたのに。。。」

ある日Tさんが「足の付け根が痛いんですけど」と来院。「大学病院のMRIが1ヶ月先ですが大丈夫でしょうか?」と。幹部を触ってみると明らかに硬い腫瘍あり。すぐにCTを取り、癌センターに紹介し手術をしてもらいました。以前Tさんは「先生(小生)のコラムを読むのが楽しみ」と言ってくれていました。(こんな誤字脱字がありつたない文章なのにありがたいことです)

Tさんが教えてくれたことは、やはり「診察は基本に戻り、幹部を見て、触って、よく話を聞くこと」でした。大概の腫瘍(甲状腺、乳腺、皮膚、皮下腫瘍など)は、見た目が汚いか?(凸凹、不均一、境界不明瞭)。触った感じが硬い、不均一、境界の不明瞭。で悪性の可能性がわかります。
Tさんの話から久しぶりにコラム書きました。ご冥福をお祈りします。

次回は、患者さんからの教えパ-と2、高校同級生H君の話です。

2016-06-10 17:56:45

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント