045-910-6222
〒224-0003 神奈川県横浜市都筑区 中川中央1-28-20CKビル2階
QRコード

バーコードを対応している携帯で読み取ると、携帯版のホームページも接続できます。

お尻、泌尿器、下腹部の話

男の頻尿・女の頻尿

男の頻尿・女の頻尿

トイレが近い、あるいは1日に10回以上もおしっこに行くことを頻尿といいます。頻尿の主な原因は男性と女性で異なります。その原因と特徴、治療、と予防についてお話しします。

まず、男性の頻尿で一番多い病気が前立腺肥大です。前立腺とは尿道の潤滑油みたいなものを分泌する、膀胱の下にあり、尿道(尿の通り道)にマフラーのように巻きつくように存在する小鶉卵大の臓器です。これが腫れてくると特徴的な3つの症状が出ます。

  • (1)夜間の頻尿:夜何回もトイレに行く。
  • (2)排尿障害:尿を出そうと思ってもなかなか出ない。尿が細くなる。尿を出すのに時間がかかる、など。
  • (3)残尿感:排尿後にまだ残った感じあるいはまだ出たい感じがする。

このような症状を認めた場合、尿道を広げる薬を内服すると良くなります。

次に女性の頻尿で一番多いのが膀胱炎です。女性は、膀胱と外尿道口(尿の出口)との距離が短いため細菌が逆流しやすく膀胱炎にかかりやすい構造になっています。

膀胱炎の症状は

  • (1)頻尿:1日10回以上トイレに行く。
  • (2)排尿時痛:尿を出すときに痛みがある。
  • (3)残尿感:排尿後も残った感じがする。

以上のような症状を認めた場合、抗生剤の内服が有効となります。

予防としては、
トイレを我慢しないこと。下腹部を冷やさないこと
お茶やお水をどんどん飲んで、尿を多く出すように心がけること外尿道口(尿の出口)を清潔にすることとなります。

あと40、50歳代の女性に意外に多いのが、更年期の神経過敏に伴う頻尿です。この特徴はとにかく尿意が多く残尿感も強いのですが、他に神経が集中することがあるとその間は何の症状も無いのが特徴です。これは時期が来るとなおります。

血便黒と赤

血便黒と赤『先生、お尻から血が出ました。』と言って患者さんが来院されます。
『お尻から血が出る』あるいは排便時に出血することを、血便、あるいは下血といいますが、一口に血便と言っても、出血の部位や病気の種類によって、便の色や性状に大きな違いがあります。つまり、便を見るだけで出血の場所と、出血の原因がわかる場合があり、便は腸の健康状態のバロメーターといえます。

例えば ばお尻の入り口(肛門)に近い場所からの出血は鮮やかな赤い血が混ざり(鮮血といいます)、反対にお尻の入り口から遠い、腸の奥の方からの出血であれば、暗褐色あるいは黒い便となります。
血便と比較的多い病気との関係と、その対処法を以下にまとめましたので参考にしてください。

血便と病気との関係・対処法

痛みの時期・程度 考えられる病気 対処
赤い血が排便後にぽたぽた落ちる
拭いた紙に赤い血がつく、排便時の痛み
内痔核 外科医・肛門科に相談
赤い血が便に混じる
お腹がはる
便が細い
便が出にくい
肛門に近い所の潰瘍・癌
(直腸癌・S字結腸癌)
胃腸科・外科・
肛門科に相談
タール状の黒い便 胃・十二指腸・小腸潰瘍 胃腸科に相談

大腸癌と結腸癌・直腸癌はどう違うのか?

大腸癌と結腸癌・直腸癌はどう違うのか?

大腸は上行結腸、横行結腸、下行結腸、S字結腸、直腸に分類されます。
つまり大腸癌は、各部位にできた癌の総称となります。

イボ痔、切れ痔

排便時お尻を痛がるとか、ウンチに血が混じるとか、拭いた紙に血がつくというお子さんが来院されます。この場合はいわゆるイボ痔、切れ痔(病名は内痔核、裂肛といいます。)にあたると思われます。この病気は悪いものではありませんが、[便秘がひどい]--[排便時に力む、あるいは硬い便が出る。]-[痔が悪化する]-[排便時に痛みがあるから便を我慢する]-[便秘がひどくなる]という悪循環に陥る場合があり、どこかでこの悪循環を断ち切る必要があります。

さて便秘の場合の医療機関を受診するタイミングですが、ほとんどの場合は食生活に気を配り日常生活を規則正しくすることで様子を見ます。長期に渡る頑固な便秘や、腹痛吐き気をともなう便秘の場合は、病気がかくれている場合がありますのでかかりつけの先生に相談してください。余談ですが、咳止めの薬は便秘の原因になります。飲んでいる薬にも注意しましょう。

お尻から出血した場合、基本的には医療機関を受診し他の病気はないかのチェックと患部への付け薬をもらってください。お尻のケアの原則は「冷やさない、(排便時)力ませない、清潔にする」となります。ちなみに大人の場合は、「長時間の同じ姿勢は避ける、アルコールと刺激物は避ける。」が加わります。

「慢性腎機能障害は怖い」のはなし

  • (1)糖尿や高血圧などの病気の人で腎臓病が合併すると、死にいたる確立が高くなるため、腎臓病の早期発見早期治療が必要。
  • (2)透析患者さんは、一人年間500-600万円の医療費がかかっている。そのため透析を1年でも遅らせる努力が医療費削減につながる。
  • (3)腎臓病で低パンパク食の人も「週に1日ぐらい気にせず食べてよい」だから一泊旅行もOK。
  • (4)腎臓病の人はアルコールはOK(糖尿、高血圧の合併している人は注意)

などなど、
昭和大藤が丘病院吉村先生のお話でした。